パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 失恋した後の恋愛は要注意!特に気を付けたいこと

失恋した後の恋愛は要注意!特に気を付けたいこと

 みなさんは、失恋した後の悲しみやむなしさをどのように解消していきますか。
あまりにもいい相手だったから、新しい相手のことなど考えることも出来ない人もいれば、腹いせとばかりに「もっといい相手を探してやる」と意気込む人もいるでしょう。交際クラブ・デートクラブに登録する人もいるかもしれません。
特に、失恋直後は、様々な感情が生まれてきて、普段であれば気にも留めない異性に好意を抱いたり、優しくしてもらえたことで過剰に恋愛感情が芽生えて、後々に公開してしまうようなことをすることもあるのです。
失恋した後の恋愛が決していけないというわけではありません。自分の感情をできる限り落ち着けて考えてもらえるならば、何の問題もありません。今回ご紹介するポイントを踏まえて、ぜひ気を付けてください。

1.失恋後の恋愛はなぜ長続きしないのか

 失恋直後の恋愛が長続きしない理由を、みなさんはご存知でしょうか。
例えは極端かもしれませんが、人が覚醒剤を常用していると興奮状態が続きます。それは薬物のせいで、強い刺激を受けているからです。
このような状態に慣れてしまうと、刺激があるのが当たり前になっていますから、弱い刺激に対しては、何も感じにくくなっているものです。感情で言い表すと、感受性が鈍くなっている状態といえます。
一方、恋愛中や交際クラブ・デートクラブでの新しい出会いは、とても楽しくてワクワクするような日々の連続だったはずです。これも刺激のうちですから、お互いに相思相愛で過ごした期間の感受性は、鈍くなっているといえます。ですから、素直にうれしいと思えることも、「当たり前」になってしまって、素直に思えないときがあるってことです。

2.失恋後の恋愛は冷静な判断を阻害する

 失恋直後は、とにかく心が疲れてしまっています。その時に行動的な恋愛をするときには、特に注意してください。
心が疲れきっていて、恋愛直後で感受性が鈍くなっている上に、恋愛している時の心地よい刺激も送られてこないわけで、日々の生活にマンネリ感ばかりを感じている状態になります。
買い物をしたり、おいしいものを食べたとしても、恋愛の時の心地よい刺激にはかないませんから、結果的に人間関係にも魅力を感じず、逆に人との接触を避けるようになります。
失恋直後にやる気が起きない、楽しさを感じられないと言うのは、このような精神的な状態があるからなのです。
ですが、心の感受性はやがて回復してきます。そのとき、人間関係を避け、刺激の少ない状態で過ごしていたために、感受性は以前よりも鋭くなっているのです。
失恋後、少し経ってからの恋愛が成就しやすいといわれるのは、感受性が研ぎ澄まされた時の心理に影響されるからなのです。
つまり、それほど好きでない人でも、告白されただけで舞い上がってしまい、その人間の真実を見極めることなく恋愛関係になってしまう場合が一番怖いわけです。

3.失恋直後の寂しさは誰をも魅力的に見せる

 失恋直後の寂しさは、心を過敏にすることもあります。1人でいたくないなどの寂しさは、やがて人間を次の恋愛に駆り立てます。
様々な出会いの場を求めて、友達や会社の同僚、お見合いでのご紹介、合コンや婚活パーティー、交際クラブ・デートクラブなどの「出会いの場」など、たくさんのチャンスを利用しようとします。
ですから、異性の魅力を感じさせるような、ささいな刺激に対しても敏感に反応しがちになり、常識的な判断が出来る状態では魅力を感じないような相手でも、ちょっとしたきっかけで好きになってしまうことが起こるわけです。
例えば、仕事中にフォローしてくれた異性でも、失恋直後であれば「私に気があるのかもしれない」などと、好印象で見てしまうような心理に陥ってしまうことがあります。
やっかいなのは、そのような心理状態で感じた相手の魅力は、普通の心理状態に戻るにつれて、徐々に色あせてくるということです。ですから、本当に自分に合った理想の相手を見つけるには、ごく普通の心理状態のときでなければいけません。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top