パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 春の新生活を応援!恋人とはじめての同棲生活するうえでの準備と心構え

春の新生活を応援!恋人とはじめての同棲生活するうえでの準備と心構え

新生活のカップル

 4月に入り仕事や進学の関係上、引っ越しされる方も多くなる季節となりました。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様の中には、引っ越しを機会にお付き合いしている恋人との同棲生活を新たにこの春からはじめようと計画しているカップルもいらっしゃるのではないかと思います。 はじめての同棲生活で、気分も高揚し想像するだけで楽しみでウキウキな気分になるかもしれませんが、同棲生活を始めるうえで準備しなければならないことや、心構えなど大切な決め事などがたくさんあります。 今回はそんな恋人たちの参考にして頂けるネタをリサーチしてまとめてみたいと思います。

■まずはご両家にご挨拶

 これまではそれぞれの住居で別々の暮らしをしていたカップルですが、同棲生活をするとなると同じ屋根の下で一緒に暮らすということになります。 結婚してからの同居と違い、ご両家の親御さんからすると心配事も多々あるはずです。 特に彼女側のご両親にとっては相手の彼氏が将来的なこともちゃんと見据えての同棲生活なのかも気になりますし、嫁入り前の娘に不安な気持ちを抱くことも多いでしょう。 まずは二人で同棲することを決めたなら、ご両家の両親にちゃんとした挨拶をしに行って、同棲することをしっかりと認めてもらうようにしましょう。 ちゃんと報告してご両親に認めてもらうことでメリットが大きく二つあります。 まずはご両親を納得させ安心させることで家族間の関係性を良好に保てるということ。 もう一つは同棲生活開始後の物資や食料、資金面の援助が期待できるということです。 新生活を行う上ではじめは何かと出費がかさむものなので、親御さんからの様々な援助は本当に助かるはずですので、ぜひここはおろそかにせずちゃんとしておきたいポイントです。

■不動産巡りと住居選定の注意ポイント

 カップルのうちどちらか一方の方がすでに一人暮らしなどをしており、相手側がそちらの住居に転がり込む形での同棲生活を始める場合は別として、同居に際し新たに住居を探す場合には、たくさんの不動産情報の中からお互いが納得いく物件を選定しなければなりません。 まずは情報サイトやフリーペーパーなどで住みたい地域の不動産情報を事前に調べておきましょう。 二人で話し合い、ある程度絞り込みができたなら早速管理会社となる不動産に連絡し、内覧などの予約や窓口に直接おもむいて物件の詳細を聞いたり相談していきます。 住居エリアを選定する際、大抵の方は職場や学校など通勤・通学に便利なエリアを選びます。 次に間取りや住居スペースの配置に関して理想との照らし合わせとなりますが、ここでネックとなるのは予算とのバランスになります。 予算を重視するか間取りを重視するか、立地条件を最優先とするか、最終的には理想通りの物件にはなかなかたどり着けないでしょうから、どこかの点を妥協する形で収めるようになるかと思います。 基本的に彼女が家事や料理などを担当する場合、しかも通常のフルタイム勤務などで仕事の帰りがおそい方であれば、できるだけ彼女の職場から近い物件を探す方が生活面においては何かと利便性が高くなることが多いです。 また物件の内覧は必ず行ったほうが良いです。 写真や映像だけで判断すると実際に家具などを配置した際に、思ったよりスペースが狭く感じたり、想像とのギャップが諸々出てくるはずです。 あるいは逆に想像以上の特典が隠れており、サイトや情報誌には載せていなかったポイントが自分たちにとっては利便性の高い設備であったりもしますので、そういった発見ができる可能性も高いです。 賃貸物件の形状は様々ですが、初めから家具や家電などがある程度備え付けられているものだと非常に助かります。 あとから買い足すことを考えると、初期投資にはけっこうな費用がかかるため予算的にあまりゆとりがないような場合は事前設備が充実している物件を選んだほうが良いでしょう。

■お互いの理想的な形をうまくすり合わせていく

 同棲生活を進めていくうえで、どの工程を誰が担当するのか?という事柄がたくさん生じてきます。 今までは一人の権限で采配できていた事柄も、二人で納得したうえで取り決めなければならないことがたくさんあります。 生活面においてはまずお金の問題と家事の問題が主になります。 家賃だけでなく、光熱費やガス代(オール電化の場合は不要)、水道代や場合によっては共益費や町内会費がかかるケースもあります。 これら毎月必ず支払わなければならない経費を割り勘にするのか、どちらか一方が多めに、あるいは全額負担するのか、事前に決めておく必要もあります。 お互いの収入額を把握しておくことも大事ですし、事前にしっかりと話し合って決めておきましょう。 また家事に関しては、分担して担当を決めておくのか、彼女が主に担当しつつ彼氏もできることを積極的に手伝う形にするのかなど、二人の間でのルール化が必要になります。 あとあともめ事にならないためにも、面倒なことほど相手に頼らず、自分が率先して対応するような心構えでいるくらいのほうがトラブルにもなりにくく、円満な生活ができると思います。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top