パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 重い恋人は嫌われる?上手に好意を伝える方法

重い恋人は嫌われる?上手に好意を伝える方法

思いつめた女性

 恋人や好きな人ができると、相手を思うあまり過剰に愛情を注いでしまったり、拒否されることへの不安から相手を束縛してしまったりすることがあります。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様もそんな経験はありませんか?  また、相手に好意を伝えたい、もっとラブラブでいたいと思っていても、相手に重いと思われるのが怖くて行動できないときもあると思います。 相手のことが好きだからこそした行動なのに、それが逆に相手から嫌われてしまうとしたらとても残念なことですし、もしかしたら気づかないうちにそんな行動を取ってしまっているかもしれません。 相手に上手に好意を伝え、ラブラブな関係を作り、それでいて相手から重いと思われないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

■重いと思われる行動3タイプ

 自分では重いと思っていなくても、相手にとってはそうではないという場合もたくさんあります。 では一般的な世のカップルたちはどのような時に相手の行為を重いと感じるのでしょうか。 3つのタイプに分けながら例を挙げてみましょう。

◯尽くすタイプ
頼まれていなくても相手のために料理などの家事をやってあげる。 相手に頼られると自分を犠牲にしてでも相手を助けようとする。 「いつでも頼っていいよ」「困ったことがあったら何でもいって」と言う。

◯不安タイプ
「私と一緒にいて楽しい?」「私のこと好き?」など相手の気持ちを確かめたがる。 何度も相手に「好きだよ」と伝える(相手にも同じことを言って欲しい)。 恋人の過去の恋愛を詮索したがる。 頻繁に会いたがる。 携帯を見る、相手の予定を確認したがる。

◯自分勝手な妄想タイプ
結婚願望が強い。 「きちゃった。」といきなり相手の家に行く。

大まかに分けてみましたが、あなたに当てはまる行動はありましたか?  もし一つでも当てはまるのならもしかするとそれは相手に重いと思わせてしまっているかもしれません。

■タイプ別の原因と対処法

◯「尽くすタイプ」の人
「尽くすタイプ」の人は相手を好きなあまりなんでもしてあげたいと思ってしまうタイプ。 こういう人には相手の役に立つことで自分の存在価値を確かめたいとどこかで思っている人が多いようです。 相手のためにもなるんだから、尽くしたって別にいいじゃないか!  と思うかもしれませんが、それは違います。 人は何か見返りを求められると、素直に優しさを受け取りたくなくなってしまいます。 だから『尽くしてあげるから私のことを必要としてね』という相手の気持ちが見えてしまうと、相手のしてくれたせっかくの行動もすべて重荷に感じてしまいます。 尽くすことで相手に受け入れてもいたい、必要とされたいと少しでも感じているのならそれはやめましょう。 恋人はあなたの存在価値を確かめるためのものではありません。 自分の価値は自分自身で自分の中に見つけるべきものなのです。

◯「不安タイプ」の人
「不安タイプ」の人は自分に自信がなく、拒否されてしまうのではないかという不安から相手の気持ちを確かめすぎたり、過去の恋愛について聞きたくなったりする傾向にあります。 そして不安から生まれた行動は不安を消してくれないばかりか、相手に悪い印象を与えて結局不安を現実のものにしてしまいます。 このように自分が思っていた通りの結果を自分で引き寄せてしまうことを『自己成就予言』と言います。 ポジティブな考え方を普段からしている人には良いことが、ネガティブに考えているひとには悪いことが起こりやすいということですね。 恋愛における不安、そしてそこから生まれる嫉妬や束縛は自信の無さが一番の原因です。 しかしすぐに自分に自信を持て、ポジティブに考えなさいと言われても難しいでしょう。 それならまずはネガティブを止めるところから始めてみましょう。 「相手に拒否されるかも」と感じてしまったら「そんな思い込みはよそう」と自分のネガティブ思考にストップをかけてください。 それだけであなたの一つ一つの行動に変化が現れ、相手に嫌がられることは無くなります。

◯「妄想タイプ」の人
「妄想タイプ」の人は、相手も自分と同じことを思っている、相手は自分を愛してくれているという思い込みから結婚を迫ったり、「きちゃった。」などと言って相手の家に突然訪れたりしてしまいます。 人は何か強制されたり決めつけられたりするとそれに反発したいという欲求が生まれます。 勉強しろと言われるとやりたくなくなったり、人の悪口ばかり聞いているとそれに反論したくなったりするのが良い例です。 同じように「あなたは私の事好きだよね?」「結婚するつもりでしょ?」というような態度を取られると、自由を奪われると思いストレスを感じ、それに反発したくなります。 自分の気持ちだけで話を進めず相手と話し合って決めるなど、相手の考えを尊重することが大切です。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活では、このタイプはご法度なので十分に気をつけましょう。

■上手に好意を伝えるためには

 では好意を上手に伝えるのではどうしたらいいのでしょうか?  重いと思われる行動に共通するのは『相手に何かを求める』という気持ちです。 決めつけたり、押し付けたり、強制しているといつまでも相手には好意が上手く伝わりません。 好意を伝えること自体はとても大切で素敵なことです。人は好意を誰かにもらうとそれをお返ししたくなります。 でもそれは見返りや押し付けではない好意のときだけです。 相手に自分と同じ答えを求めずに『私はあなたのことが好きです』という気持ちを伝えられることができたら、きっと相手はそれを受け入れてくれます。

■まとめ

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様、いかがでしたでしょうか。 気づかないうちに相手に何かを求めてしまっていたということはよくあることです。 自分の自信の無さや不安の解決を相手に求めるのではなく、ただ純粋に自分の気持ちを伝えることを意識しましょう。 それって簡単そうに見えて実はとても難しい事なのです。 人の愛し方は学校では教えてくれません。 自分の行動をいつも顧みながら、愛情を育てていきましょう。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top