パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 恋愛がうまくいかない理由は、男と女の脳の違いにあった

恋愛がうまくいかない理由は、男と女の脳の違いにあった

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様は「男と女は違う生き物だ」と思うことはありませんか?  男と女は違う生き物だ、とよく言われるのは行動や発想が全く違うからです。 女性が当たり前だと思うことが男性には信じられないことで、男性が当然と思うことは女性に理解しがたい、ということがよくありますよね。 これは恋愛を複雑にさせている原因のひとつでもあります。 その原因が「脳の違い」によるものだとしたらどうでしょう?少し勉強してみましょう。

■男性脳と女性脳の特徴

【男性の脳の特徴】
男性が得意とするのは以下のようなものです。「情報処理」「空間能力」「集中」「決断」「計算」
このように、何かを理論立てて考えることや作業する能力に長けています。 男性は地図や図面を見て、それを実際の空間に置き換えて考えることが得意。 そのため、地図を見て目的地までのルートを考えたり、説明書を読んで家具を組み立てたりするのが得意な人が多い傾向にあります。

【女性の脳の特徴】
女性は以下のようなことが得意です。「感情の読み取り」「作業の同時進行」「観察力や洞察力」「調和」
女性は、複数の作業を同時に行うことや、頭の中でたくさんのことを同時に考えることが得意です。 また、人の感情を読み取ったり、細かいことを察知したりする能力が高いのも特徴です。 赤ちゃんの泣き声ひとつで、何をしてほしいのか判断し、子育てや家事などいくつもの作業を同時に進行していくための脳の作りをしていると考えられます。

■男女の脳は正反対

 どうでしょうか、男女の脳は全く別物の役割を担っていますよね。 これは、男性が狩りをして家族のために仕事をし、女性が育児や家事、集落の人との協調性などを行って家を守るためです。 しかし、現代の男女の関係性は昔とは大きく変わり始めています。 女性も男性と同じように仕事をするようになり、女性は男性に守ってもらうのではなく、対等に社会で戦う立場となったのです。 このとき、この脳の違いが恋愛を邪魔してしまう可能性はとても高くなります。

■同じ原因でも働く脳の場所が違う

 同じストレスを感じても、その要因によって働く脳の場所は男女で異なります。 男性はストレスを感じると、右の偏桃体が活発化します。 右の偏桃体は、「体」に反応する脳なので、運動して汗をかいたり、ひたすら一人になって冷静になったりすることでエネルギーを放出させるのが効果的です。 また、女性がストレスを感じると左の偏桃体が活発化します。 左の偏桃体は、「感情」に作用します。 そのため、他の誰かとたくさん会話をすることで、そのエネルギーを発散させるのです。 この通り、男女の脳の働き方はまったくの正反対です。 ストレスを感じると一人になりたがる男性と、会話をして解説策を話し合いたい女性。 またストレスがたまると、体に反応が出る男性と、感情に反応が出る女性。 別の生き物だという理由が、本当によく分かりますね。

「男って〇〇だから嫌なのよ!」
「女ってみんな〇〇だよな。」

男性と言えばこう、女性と言えばこう、とお互いに欠点を強く感じている人も多いのではないでしょうか。 「男はみんな浮気性」
「女はみんな嫉妬深い」
こんな風に異性のことをひとくくりに揶揄することもよくありますよね。 あまりいいこととは言えませんが、その傾向にあるということは確かなのです。

■男女の脳の違いを理解すると、恋愛が楽になる

 男女は脳の作りが違う、だから同じように考えたり行動したりすることは不可能なのだということが分かったと思います。 これを理解すると、今までよりもストレスが軽減されます。 恋人の些細なことに腹を立ててケンカをしていたのが、ちょっとだけあほらしくなりませんか?  人懐っこい性質の犬が、ひとり静かに昼寝を好む猫に怒っているようなものです。 お互いが別の性質を持っていると理解すれば、恋愛もムキにならずに済むのです。 もちろん、結婚生活でも同じです。 夫婦の小さな揉め事は、脳科学のせいにして受け流してみるのも一つの手なのではないでしょうか。 ただし恋愛関係・夫婦関係で起こる気持ちのすれ違いやトラブルが、全て脳のせいかというとそうではありません。 相性の問題や、お互いの思いやりの部分も当然あるので、難しいところではあります。 しかし、男性の脳に足りない部分を女性が持っていて、女性の脳に足りない部分を男性が持っている。 生物学的に見ても、男女が補い合えば、より良い人生を送ることができるのは確かです。 恋人に対して不満を持っている人は、一度恋人と一緒に男女の脳の構造について調べてみるとよいでしょう。 相手に自分の特徴を知ってもらい、相手にも自分の特徴を知ってもらうのです。 自分と相手は、愛し合っているけれど違う人間、違う脳の構造をしているのだと理解できるはずです。 そうすれば、少しくらいの不満なら「まぁ、しょうがないか。」と受け流すことができるようになります。 お互いにお互いを知って、受け入れようと心がけることが大事なのではないでしょうか。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活もこのように考えればきっと上手くいきますよ。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top