パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 似ているようでまったく違うもの!?結婚と恋愛について

似ているようでまったく違うもの!?結婚と恋愛について

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活での出会いから交際に発展し、数年の恋愛を経てめでたく結婚する。そんな理想的なカップルはたくさん世の中にいらっしゃいます。 ゆくゆくは年齢を重ねながら、交際期間よりも結婚期間のほうが長くなるわけですが、途中で放棄し離婚するカップルも当然ながらいらっしゃいます。 結婚してから初めて気付くことはたくさんあるのですが、そこでようやくあることに気づきます。「結婚と恋愛は別物」ということに。 既婚者の方やすでに離婚して失敗してしまった方は当然気づいていることなのですが、今現在恋愛の真っ最中であるカップルからすると、結婚すると何が変わるのかなんてわからないですよね。 そんな男女のために今回は恋愛と結婚の違いについて、世間一般の方がどのように感じているのか調べ、まとめてみたいと思います。

■長所と短所、どちらが目立つかの違い

 好きな異性との交際中は相手の長所ともいえる良いところばかり目立って見えることはありませんか。 彼の男らしくてたくましいところ、彼女のしおらしくて愛想のよい笑顔。しかしこれが結婚後は一気に逆転してしまうから不思議です。 一般的に単身赴任や週末婚など特殊なケースを除いてはほとんどの夫婦が「結婚する=共同生活をする」ということになるわけですが、ここで価値観や育ってきた環境などの違いが色濃く明るみになります。 そうすると今までの交際期間中に行ってきたデート中の時間内では見えてこなかった相手の隠れていた部分が露呈されてきます。 交際中は気づかなかったけど実は相手のが自分にとってはストレスに感じることが多いのですが、大抵は一緒に暮らし始めてから気づくことが多いです。 結婚後もうまく関係が続けられるかどうかはこのお互いの短所をいかに許し、受け流すことができるかによって大きく左右されるといっても過言ではないのです。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活での出会いから交際期間が長くなったカップルにも同じことがいえますね。

■尽くす時間の比重が大きく異なる

 交際中では男女それぞれに自分ひとりの自由な時間が与えられています。 相手とのデートを楽しむ時間は1週間のうち数時間程度で、残りの時間は自分のために費やしている時間といえるでしょう。 趣味も仕事も自分のタイミングで行えますし、それを相手にいちいち報告する義務もありません。何かトラブルが起きても自己責任で解決できます。 しかし結婚するとこの比重が大きく変化するのです。結婚するということは、その相手と「家族になる」ということです。 家族のために何か用事を手伝う、おつかいを頼まれたり、部屋の掃除をする、相手のものも一緒に洗濯をまとめて行う。など数限りなく自分以外の相手のために行う用事がお互いに増えていくのです。 共同生活においてこの比重変化は当たり前のことですが、中には専業主婦である奥様は家の用事はすべて行うという場合もあります。 また専業主婦のご主人の場合、外で働いて奥様の分の給料も稼いで来なくてはいけません。今まで以上に自分で管理できるお金が減るわけですし、自由に好きな買い物や趣味に費やすこともできなくなるわけです。 このように自分の事だけでは何事も済まなくなり、良い子とも悪いこともすべて二人、または子供も含め家族全体でシェアをするということになるという違いがあります。

■驚きと喜びに満ちた特別感と当たり前の義務感の違い

 交際中に男性が喜ぶシチュエーションのひとつで、彼女が手料理をふるってくれたというケースが良くあるかと思います。それも自分の大好きなメニューを事前にリサーチしていてくれて、サプライズで作ってくれた時には感動ものですし、とても喜ばしい出来事ですよね。 しかし結婚すると交際中に感じていたような特別感は徐々に薄れていきます。生活を共にするという事の中で食事はとても重要なポイントになります。新婚でまだ共同生活の日が浅い状況であれば新鮮で楽しめるかもしれませんが、これが365日のうちほぼ定期的に毎日行う日常業務へと変わっていきます。 料理作りが趣味というご主人の場合は別として、大抵のご家庭では奥様が手料理を用意されると思います。祖の場合毎日の日課として業務化していくものなので、交際当時のようにご主人の好きなものを中心にいつも作ってあげるというわけにもいかなくなります。 収入の状況によってはありきたりの食事メニューにせざるを得ないかもしれませんし、お子様ができたあとは子供中心のメニューや味付けに必然的に合わせざるを得なくなります。 またいつも食事を食べているご主人サイドでも、作ってくれた料理に対する特別的な感情が亡くなり「料理ができていて当たり前」という概念にすり替わっていくため、食事で感動させるという項目をクリアしていくためのハードルも徐々に上がっていくというわけです。

■まとめ

 これらのようにすべて二人の間で起こりうる事がらが特別なものから日常的なありふれたものに変わっていくことで、大きな違いを感じるケースが多いようです。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活を頑張っているみなさん、これから結婚を考えているカップルはぜひこれらのことを踏まえ覚悟して結婚生活をスタートさせてくださいね。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top