パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 結婚に妥協は必要か否か

結婚に妥協は必要か否か

妥協を考える女性

 今の恋人と結婚したいなとは思っているけど、嫌な部分や自分の掲げる結婚の条件に当てはまらないことも多い時、妥協してでも結婚した方がいいのか、それとも結婚を止めた方がいいのか悩みますよね。 「結婚に妥協はつきもの」なんて言う人もいれば、そんなの絶対しないほうがいいと言う人もいます。 今回は結婚を考える時の妥協の是非について迫ってみたいとおもいます。

情が移って結婚するのは妥協ですらない

 長く付き合っていることで情が移ってしまったがために「この人でいいかな」と結婚を決断するのは妥協ではありません。 それは「長く付き合っているし」という理由を自分の中でとても大きなものだと思い込んでしまい、じっくりと考える手間を面倒くさがっているだけです。 長く付き合っていることや、いまさら別れにくいという理由だけで結婚を決めたりせずに、しっかりと考えなければいけません。 時には何年も一緒にいた恋人と別れる決断をしなければならないこともあります。 でもそれは仕方のない事。 そんな時は心を鬼にして恋人に別れを告げましょう。 しっかりと考えずに成り行きでしてしまった結婚は結果的に上手くいかず、関係が冷めてしまったりどちらかが不倫してしまったりと、良くないことが起こりがちです。

結婚に条件をつけすぎるのは良くない

 結婚を考える時に様々な条件を自分の中で掲げる人も多いと思います。 特に女性の方は、結婚して専業主婦になる方もまだ多い時代ですから、男性よりも条件をしっかりつける傾向にあるようです。 「年収はこれくらいがいい」「ルックスは良くなければ嫌だ」「ギャンブルをしない人がいい」などなど、人によって条件の内容は本当に様々ですが、条件が多すぎる人は結婚のタイミングを逃し、婚期が大きく遅れることになる可能性が高いです。 もっと言えば、どうしても妥協ができずにずっと結婚できずに人生を終える人もいます。 なぜなら多くの条件を完璧にクリアする人は中々いないからです。 もちろん、一生独身を貫こうと決めているなら話は別ですが、結婚に条件を付け過ぎたがために結果的に結婚できないのはちょっと悲しいですよね。 どんなに素晴らしい人でも欠点の一つや二つはあるものです。 もしまったく欠点の無い人がいたとしても、数多くのライバルを押さえて射止めることはとても難しい事だと思います。 結婚に条件を付けるとしても、本当に自分にとって重要なことを一つか二つに絞るようにしましょう。

妥協はした方がいい

 結論から言って、妥協はした方がいいと言えます。 というより、結婚しようと思うなら妥協はせざるを得ません。 もし仮に、本当に妥協する点がまったくない人と結婚したとしても、長く一緒に生活していくうえで不満や許せない点も出てくるはずです。 大切なのはそういう状況を迎えた時に、二人でそれを乗り越えていけるかどうかです。 ただし、「平然と浮気をする」「暴力をふるうことがある」というのは妥協するべき点ではありません。 そもそもそれは、相手にあなたのことをしっかりと愛するつもりがないということです。 お互いにちゃんと愛し合えているかどうかは妥協以前の前提条件だということですね。

相手のギャンブル好きは妥協すべき?

 妥協できるかできないか、とても微妙な位置にあるのがギャンブルだと思います。 パチンコや競馬などが趣味の男性はある程度いますし、それで生活が破綻するレベルではないのなら妥協していいのか迷うところです。 結婚するなら少しでもお金を貯金したいと思うのは当然ですし、相手がギャンブルにはまっているのってあまり気持ちのいいことではありませんよね。 相手が「結婚しても絶対にギャンブルはやめない!」というのなら、こちらも条件をつけてみてはいかがでしょうか。 二人の収入や各種支払い、つまり家計は全てこちらが管理することにすれば、生活が破綻する可能性はほとんどなくなります。 「パチンコをしてもいいけど、家計は私が管理するね」などの条件を提示して、相手がそれに納得するのなら妥協してみてもいいかもしれません。 また、ギャンブルにとことんはまってしまい、最悪の場合内緒で借金をしてしまうなんてことも考えられるかもしれません。 ギャンブルをする人と結婚するのなら、そういうことがあった場合は離婚する、と結婚の前に決まりを作っておくとより安心です。 心配なら専門家に頼んで法的な効力をもった誓約書や念書を書いてもらうのも良いでしょう。

おわりに

 どんなに好きな人でも一つや二つ気に入らないところはあるはず。 それを含めて相手が好きだ、と思えるなら妥協して結婚しても問題ないと言えるし、そう思えないほど嫌な部分が大きいなら結婚はやめるべきです。 自分の気持ちに嘘をついてまで妥協をして結婚してもうまくはいきません。 妥協するのが良いのか悪いのかを考えるのではなく、妥協してでも結婚したいかどうかに目を向けるのが結婚を決める時に大切なことなのです。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top