コラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

トップページ | コラム | ずっと幸せな家庭は何が要因?いつまでもラブラブでいられる方法

ずっと幸せな家庭は何が要因?いつまでもラブラブでいられる方法

 結婚してから時間が経ってもずっと幸せそうなカップルっていますよね。 でも自分の家庭ときたら喧嘩ばかり、いったい何が違うのでしょうか。 結婚してからもラブラブで居られる方法を調べてみました。

■ニックネームで呼ぶ

 長く夫婦を続けているラブラブなカップルは、周りから見ても微笑ましいものです。 そんなカップルをよく観察してみると、お互いのことを「おい」とか「おまえ」などと呼ぶのではなくニックネームで呼んでいます。 中には、付き合い始めから名で呼んでいたので結婚後もその名前で呼んでいるという夫婦もあります。 確かに「おい」とか「おまえ」なんて呼び方は少し古臭く感じられますよね。 妻からすると、「偉そうに呼ばないでよ」なんて感じてしまいます。 毎日呼ぶ機会があるからこそ呼び方は大切です。 心のこもった呼び方をしたいものですね。

■できるだけ会話をする

 毎日顔を合わせていると特別会話をするネタもなくなってきますよね。 だから、静かな食卓を囲むなんて家庭もあるみたいです。 ですが、いつも幸せそうな夫婦の場合、できるだけ二人の時間を作るべく会話を楽しんでいるようです。 子供がいるなら、子供を交えた会話をしたり、すでに手が離れているのであれば二人だけの趣味を持って楽しんだりしています。 お互いにとって楽しみとなる趣味を持つことは話のネタにもなりますし、毎日が充実して楽しくなります。 趣味が難しいのであれば、テレビ番組や人気の映画などもネタとして話せます。 1日のうちに少しでも二人で会話をする時間を設けることでお互いがちょうど良い距離に立ち仲よくすることができますよ。

■気持ちは素直に伝える

 女性の傾向としては、夫に対してイラッと来ることがあったとしても、腹の内にためて我慢するという方が多いようです。 しかし、そのイライラが積み重なってきたらまるで爆弾のように大爆発して大喧嘩が勃発します。 実は夫との関係を上手くいかせるには、突然感情を爆発させるのではなく気になることは小出しにする方がおすすめです。 思ったことはその都度素直に伝えるようにすると相手にもスムーズに伝わりますし、大きなトラブルに発展することも少なくなりますよ。

■デートを楽しむ

 結婚してから二人の関係が安定してくると、デートの回数も減ってくるのではないでしょうか。 子供ができると、二人きりでの外出はなかなか難しくなってきます。 そのため夫と出かけるときは子供と一緒が多くデートなんて何年もしていないという夫婦も多いようです。 しかし、常に新鮮味溢れる夫婦であるならデートは必須です。 長時間の外出が難しいのであれば、ランチやディナーといった短時間でも構いません。 月に1度は二人だけの時間を作ってみましょう。 また、外出の際は手をつなぐのもスキンシップに繋がります。 以前行われた夫と妻の親密度調査では、旦那さんと手をつないで歩く夫婦の方が仲がよい、お互いのことを知っている、という結果が出ていました。 たまには子供のことを忘れて、付き合い始めのころのように二人の時間を楽しんでみてくださいね。

■ハグとキスは欠かさない

 いつまでもラブラブで幸せそうな夫婦はスキンシップを欠かしません。 例えば出社前のキスや眠る前のハグなどを新婚当初から続けているというところも多いようです。 ハグは相手の温もりが分かりますし、お互いが包み込むことで安心感が生まれます。 また、キスは直接相手の肌に触れるので、優しさが伝わってくるのです。 普段ハグやキスをしていないという夫婦であれば、徐々に頻度を上げていくのがいいでしょう。 突然ハグやキスを毎日しなければならないとなるとハードルが高すぎて、お互いにとってのストレスとなるので注意してくださいね。

■お互いの時間を持つ

 仲が良い夫婦というと常に一緒に居るイメージですが、実は程よく離れるて一人の時間も作っています。 例えば、ひと月の休日のうち2回くらいはそれぞれが一人で過ごす日を設けている夫婦がいます。 互いに干渉せず一人で過ごすことで、気持ちがリフレッシュできるだけでなく相手のありがたみが分かることもあるようです。 ラブラブだからといっても常に一緒に居るのではなく、自分だけの時間を作ることも夫婦円満の秘訣と言えるかもしれませんね。

おわりに

 結婚してからもラブラブでい続けられる方法をご紹介しましたが、取り入れられそうなものはありましたか?  普段の食卓ではただ食事をするだけで特に会話はないという方や、ハグやキスなどはまったくしていないという方もいるかもしれませんね。 夫婦関係が冷め気味であれば、よけいに仲の良い夫婦が羨ましく見えてしまいます。 まずは会話を増やしたり、デートに出かけるなどして二人の時間を増やしてみてください。 改めて夫婦で過ごすことで、付き合い始めの頃のような新鮮な感覚を取り戻せるかもしれませんよ。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top