パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 不倫を楽しむためのポイント5つ

不倫を楽しむためのポイント5つ

 不倫をすれば必ずドロドロした関係になってしまう…と思っていませんか。 たしかに不倫は、一歩間違えると人生を台無しにしてしまう危険性があります。 しかし、不倫を生活する上でのスパイスとして上手く取り入れ、器用に楽しんでいる人がいるのも事実です。 一体、不倫をドロドロした関係にせず上手に楽しむにはどんなコツがあるのでしょうか。 ポイントを5つほどご紹介します。

1.詮索しない

不倫の関係

 好きな人のことはつい何でも知りたくなってしまうものですが、不倫の場合はあまり深く詮索しないことが上手く関係を続けるコツです。 相手の様子がいつもと違っても気にせず、いつも通りに接するよう心掛けましょう。 そのほうが相手も落ち着き、いつの間にかいつも通りの状態に戻っていることも多いからです。 どうしても心配な場合は、「体調大丈夫?」「なんかあったの?」と軽く聞いてみるのもいいでしょう。 もし、あなたに相談できるような内容であれば話してくれるかもしれません。 ただ、相手があまり話したくなさそうなのに、深く追求することは厳禁です。 言葉を濁したり、話をそらされるときは、あなたからパッと話題を切り替えてあげましょう。

2.程よい心の距離を保つ

 不倫を楽しむ上で重要なのが、程よい心の距離感です。 相手との気持ちが離れすぎていると心から楽しむことができませんし、近すぎるとトラブルが起きやすくなってしまいます。 「好きだけど、のめり込みすぎない」という距離感が一番理想的です。 そのため、不倫は好きになったらその人しか見えないというタイプにはあまり向いていません。 最初は上手くいくかもしれませんが、だんだん相手が疲れてきたり、自分のほうが辛くなってくる可能性が高いからです。 いつの間にか奥さんから奪いたいという欲求が止まらず、暴走してしまうことも。 そうなると、相手も自分も不倫を楽しむどころではありません。 あなたが執着するほど相手は離れていき、どんどん苦しくなっていくことでしょう。 不倫を楽しむためには、程よい心の距離を保てるちょっぴりドライな性格になることが大切なのです。

3.いつ別れても良い覚悟をしておく

 不倫は永遠に続くものではありません。 相手には奥さんや子供がいる場合がほとんどで、遊びでちょっと楽しみたいという男性がほとんど。 あなたとの遊びに飽きたり、家庭の事情で突然会えなくなってしまう可能性があることを常に覚悟しておきましょう。 ちゃんとしたお付き合いをしていれば、何かしら別れの言葉を告げて別れるのが普通ですよね。 しかし、不倫の場合は相手の気分によって突然一方的に関係が終わってしまうことだってあるのです。 やはり、急に音信不通になるとショックを受けてしまうもの。 特に関係が上手くいっていると思っていたのに、突然連絡がとれなくなると精神的なダメージは相当なものだと思います。 たしかに突然親しかった人と連絡が取れなくなると寂しい気持ちにはなりますが、不倫は常に別れがつきもの。 不倫を楽しむためには「別れても全然気にしない」「またほかの人を探せばいいや」くらいの強い気持ちが必要です。

4.罪悪感を捨てる

 不倫といえば、世間一般的にあまり良いイメージはないですよね。 たしかに不倫は良いことではありませんし、自慢できることでもありません。 罪悪感を感じながら不倫の関係を続けている人も多いことでしょう。 しかし、好きになった人がたまたま既婚者だったというだけで、あなたが悪者というわけではありません。 たしかに相手に家庭がある以上、こちらが我慢しないといけないことが多かったり、必要以上に踏み込むことはNGです。 ただ、相手の家庭のことも配慮しつつ、お互いに了承の上で楽しむのであれば、罪悪感を感じなくても良いのではないでしょうか。 不倫を楽しみたいのであれば、不必要にあれこれ心配しすぎてはダメです。 罪悪感を捨て、思いっきり楽しみましょう。

5.不倫相手は複数作っておく

 不倫でドロドロした関係になってしまったり、トラブルになってしまう人は、だいたい不倫相手が1人しかいません。 1人に愛情をすべて注ぎ込み熱中してしまうから失敗してしまうのです。 では、1人にのめり込み過ぎないためにはどうすれば良いのか。 答えは、不倫相手を複数作っておけば良いのです。 「何人もの相手と付き合うなんて、そんな器用なことできない…」という人は不倫に向いていません。 そもそも不倫は、本気になってしまうと負け。 相手も自分のことを本気で好きになってくれ、離婚して一緒になってくれるというパターンは非常に少ないのが現実です。 本気になった途端、態度が冷たくなり面倒に思われることがほとんど。 基本的に不倫は遊びの1つということを忘れないようにしましょう。

おわりに

 いかがでしたか。 不倫はドロドロしたものばかりではありません。 上手な関係を築くことができれば、遊びの1つとして楽しむことだってできるのです。 交際クラブ・デートクラブでドライな不倫を漫喫するのもよいでしょう。 今の生活に刺激が足りない…という人は、上手に不倫という遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top