パパ活デートクラブのコラム | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

パパ活デートクラブ青山プラチナ倶楽部 HOME | お役立ち恋愛情報コラム | 不倫欲求を抑える!後悔しないためのセルフコントロールのしかた

不倫欲求を抑える!後悔しないためのセルフコントロールのしかた

 交際クラブ・デートクラブ・パパ活中の皆様、結婚して家庭があったり付き合っている恋人がいたりしても、ふと不倫をしたい!と思ってしまうことはありませんか? 人間は、行動は止められても何かを考えてしまう事は止められない生き物だそうです。 ということは、不倫をしたいという気持ちを抑えようと苦しむのではなく、そういう気持ちになったときにどう行動したら良いのかを考えた方が良いということ。 今一緒にいるパートナーを裏切りたくないという気持ちがあるのなら、今回ご紹介するセルフコントロールを実践してみてはいかがでしょうか。

■勢いで不倫をすると後悔する

後悔する女性

 性欲だったり、パートナー以外の異性からちやほやされたいという気持ちだったり、不倫をしたいなと思う瞬間がある人は多いと思います。 でも実際に不倫をして本気で後悔しない人というのは少ないのではないのでしょうか。 不倫相手が本気になってしまい、今のパートナーと別れるように強要してきたり、パートナーにバレてしまったりしたら後悔してしまうでしょう。 仮に『この気持ちは本気だ!』と思っていてもそれも疑ってみた方が良いかもしれません。 何故なら人は障害がある、許されない恋愛ほど燃え上がるものだからです。 実は親から結婚を反対されているカップルや、不倫をしているカップルほど気持ちは燃え上がるのだそうです。 もしあなたが本気の恋だと思っていてもそれは自分にパートナーがいるからこその気持ちなのかもしれません。 そういった人間の性質についても冷静に考えてから本当に不倫をするのか、やめるのかを決めるようにしましょう。

■不倫したくなるタイミングは男女で違う

 実は不倫したいという気持ちが起こるタイミングは男女で違います。 その違いとは『男性はパートナーとの関係に安心しているとき、女性はパートナーとの関係に不満があるとき』というもの。 自分の事を好きでいてくれるパートナーがいる安心感や、付き合って時間が経ち、関係が安定してくると男性は他の女性に目がいくようになります。 また女性の場合は、パートナーとの関係やパートナーの性格に不満があるときに他の男性を求めます。 あなたがどんな時に不倫をしたいと思ったのか思い返してみましょう。

■不倫欲求を抑えるセルフコントロール術

 ではどうやったら不倫したい気持ちを忘れることができるのでしょうか。 大切なのは「忘れる」、または「解消する」ことです。 気持ちを「抑えよう」とすると上手くいかないのがセルフコントロールの基本ですからそれは是非覚えておいてください。

・異性とデートする
 どうしても不倫したい!と思ってしまう人は普段異性と食事やデートをしない人に多く見られます。 パートナーがいるからそんなの当たりまえじゃないかと思うかもしれませんが、パートナーがいても食事やデートをしている人もたくさんいます。 そして不倫欲求がある人ほど異性と軽いデートや食事をしてみることをおすすめします。 なぜなら異性と楽しい時間を過ごすだけでかなりのガス抜きになるからです。 パートナーがいるから異性と二人きりになるのはだめだ!と自分の気持ちを過剰に抑えてしまうと逆にどんどん気持ちは膨らみます。 その結果、ただ会ってお話しするだけでもガス抜きできていたものが、体に触りたい、セックスしたい!とどんどんエスカレートしていきます。 ただし人によってパートナーが異性と食事するのも嫌、という人もいますからそこは自分のパートナーに確認しなければなりません。 でももしパートナーに食事やお茶さえ嫌がられたとしても、仕事で会う人と打ち合わせなどでお茶をすることくらいはしょうがないこととして許されるのではないでしょうか。 要は「体の関係もなければ恋愛関係でもない」という事が胸を張って言えれば良いわけですから、どうしてもパートナーが許してくれない場合でも口実を作って少しでも異性と過ごしてみましょう。 交際クラブ・デートクラブ・パパ活を利用するのも良い方法です。

・パートナーとの間に刺激を作る(男性)
 男性は安心感や安定感があるときほど不倫したい気持ちが強くなると先に述べました。 つまり刺激が少なくなってくると新たな刺激を求めてしまうということです。 言い方を変えれば飽きっぽいともいえるでしょう。 それならパートナーとの生活に刺激をプラスするしかありません。 行ったことのない場所へデートに行く、いつもと違う場所でセックスしてみるなど、普段の日常となるべく離れた行動を取ることで刺激を作ることができます。

・パートナーへ不満をぶつける(女性)
女性の場合パートナーへの不満があることで不倫したい気持ちが強くなります。 もしそうならパートナーに自分が感じている不満をぶつけてみましょう。 言いにくいことだってあるかもしれませんが、不倫でそのイライラを解消しても何の生産性もありません。

■おわりに

 いかがでしたでしょうか。 不倫がしたい!と思っている方には思い当たることもあったのではないでしょうか。 パートナーと長く付き合っていると不倫をしたいと思ってしまうことだっていつかはあります。 そんな時にどうやってセルフコントロールをするのかがとても大切です。 後悔しないためにも自分の気持ちを冷静に見つめてみてはいかがでしょうか。

パパ活・高収入アルバイトなら、高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へ

仮登録・お問合せ

page top