シンデレラストーリー | 高収入アルバイトの「青山プラチナ倶楽部」

青山プラチナ倶楽部

運営者
株式会社ジェイド
電話番号
03-4590-9816
住所
〒106-0032
東京都港区六本木
7-17-33 1F
受付時間
10:00~22:00

トップページ | シンデレラストーリー

シンデレラストーリー

Story-1. ステキな男性との出会いが私の夢を叶えてくれた(23才 薬剤師)

薬剤師の勉強と学費のためのアルバイト。つらい日々をおくっていた頃、友人から『交際クラブ』存在を聞きました。
『効率のいいアルバイト』と割り切って、登録することにしました。
正直、「お小遣いがもらえればそれでいい。」と考えていました。
1月ほど待って、セッティングの話があり、待ち合わせの場所に行ってみて驚きました。
50代の方と聞いていたのですが、40代にしか見えない、話みるととっても紳士。
アルバイト目的だったのですが、すっかりはまってしまいました。勉強のことも理解してくれ、援助もしてくれました。
おかげで、他のアルバイトをする必要がなくなり、試験にも見事合格しました!! 試験に合格したあとも、ずっとお付き合いは続いています。 夢を叶えてくれた青山プラチナ倶楽部さまには本当に感謝しています。

Story-2. 普通では会えない人とめぐり合うことが嬉しい(28才 会社員)

「高収入アルバイト」を探していて、ネットで青山プラチナ倶楽部さんのこを知りました。「交際クラブってなんだ?」という感じでしたが、とりあえず話だけでも聞いてみようと行ってみました。女性に方に面接していただき「交際クラブ」というものがだんだんわかって来ました。
とても丁寧な対応をしていただいたので「ものは試し。」登録してみることにしました。
「効率のいいお小遣い稼ぎ」のつもりで登録したのですが、実際に紹介された男性は、誰もかれも「面白い!」
ほとんどが社長様。みなさん色んなお仕事をしていらっしゃって、お話がとにかく面白い。
「アルバイト」というより、「普通では合えない人に会える。」ということが、今では楽しくしかたありません。
これからもどんどん色んな人を紹介してくださいね。青山プラチナ倶楽部さん。

Story-3. 地味な生活を激変させてくれたクラブ(26才 看護師)

毎日残業ばかりで忙しくて、でもそんなにお給料も良くなかったから、きっと疲れた顔とパッとしない服装で、地味な女性だったと思うわ。
ある日、なんの気なしに、おウチでボーッとインターネットしてたら、「あなたも現代のシンデレラに!」のキャッチコピーが目に飛び込んできたの。
それがワタシと青山プラチナ倶楽部の出会いだったの。
倶楽部を通して出会った天空の世界の素敵な紳士たちが、ワタシに色々なことを教えてくれたの。
生きる意味や、輝きの真実を。
今は、多分誰よりも輝いていると思うワタシ。
病院でワタシが歩くときの、ドクターたちのデレッとしたお顔、あなたにも見せてあげたいわ。

Story-4. (23才 モデル)

モデルの世界は甘くない。
生き残れるのはほんの一握りだけ。
この世界に入ってもう5年になるけど、初めに想像していたよりも苦労している。
なかなかモデルとして突き抜けられない。
でもまだあきらめたくない。
スタイルだって容姿だって他の誰にも負けていないと自分では思っているし、所属事務所の皆さんもそう言ってくれる。
「あなたは必ずモデルとして輝く女性だ」って。
幸い私には●●さんがいる。
私を精神的にも経済的にも応援してくれる●●さんが。
優しくて、渋くて、本当に格好良い大人の男性。
今の私にとって一番の存在。
●●さんには青山プラチナで出会った。
●●さんには信じられないくらい感謝しているし、その●●さんを紹介してくれた青山プラチナにもものすごく感謝している。
私みたいに本気で夢を追いかけている女性には、絶対に私にとっての●●さんみたいな存在が必要だと思う。
そんな女性がこのシンデレラストーリーを読んでくれたらいいなと思っている。
世の中素敵な出会いが必ずあるから・・。

Story-5. (21才 女子大生)

元気いっぱいの私ですけれど、もっともっと色々な知らない世界を見たいなと思っていました。
同級生の男の子たちはなんか幼いかもって感じてたし。。
青山プラチナ倶楽部で出会った大人の男性。
まったく想像もできなかった大人の世界、セレブの世界を私に教えてくれた。
学生のうちに、知っておいて本当に良かったと思う。
ありがとう。

Story-6. (25才 銀行窓口)

固苦しい職場の中で、素敵なトキメキを探していた。
窓口に座っていると、毎日のように男性からナンパされる。
だけど、何でだろう?
まったくお誘いを受ける気にはならない。
制服姿の私を見て、興奮しているだけなんだもん、きっと。
本当の出会いは青山プラチナで見つけた。
素敵で真面目なドクター。
トレンディードラマのような毎日が・・始まったの・・!!。

Story-7. (23才 レースクィーン)

サーキットでのお仕事は傍から見れば華やかかもしれないけれど、
実際は色々と地味に大変。
いつやめるかわからないから、素敵な男性が必要だと思っているの。
青山プラチナ倶楽部で紹介された青年実業家が、
私の今の支え。
走り抜ける毎日が終わったとしても・・
後悔はしたくないから。

Story-8. (28才 美容師)

毎日朝から晩までしんどい。
いい出会いがないかなー、と思っていた。
待っていても仕方ないから、友達に紹介されて青山プラチナ倶楽部に登録。
登録して一週間で、いきなりビンゴ。
3つ上のエリート会社員。
イケメンだし、優しいし、気前がいい。
本当に3つしか変わらないの?って感じ。
とてもいい関係を築けて、毎日が以前とはまったく別のキラキラした感じ。
行動して良かった。

Story-9. (24才 客室乗務員)

国際線のファーストクラスで出会うよりも素敵な紳士に出会った。
初対面は六本木の高級ホテルのロビー。
青山プラチナ倶楽部に紹介していただいた40代の社長さま。
優しく私をリードしてくれる。
ちょっと夢のような贅沢もサプライズでさせてくれる。
毎日が少しウキウキしているの。
フライト中、私の心も飛んでいる。
ときめきの大空へ。

Story-10. (25才 OL)

なんかやっぱりちょっと贅沢したいな。
せっかく女の子に生まれてきたのだから。
綺麗な夜景を独り占めして、最高級スウィートルームのベッドで寝転がる。
そんなことしてみたい。
だから青山プラチナ倶楽部に登録したの。
お願い神様。
素敵なセレブジェントルマンを私のもとに連れてきて。

Story-11. (20才 女子大生)

大学のミスコンとかにも選ばれたけど、
だからといってどうということはなかった。
生活が変わったかって変わらなかったし。
相変わらずファストファッションでお洒落心を満たしていた。
ところが友達に誘われて青山プラチナ倶楽部に登録したら、
劇的に変わった。
青山が私のファッションストリートになった。
きらびやかな私のシンデレラストーリーが始まったの。

Story-12. (21才 客室乗務員)

CAって、世間一般が思っているよりもはるかにきつい仕事。
給料だって高くないし、拘束時間も長い。
そんなイマイチ憧れと違う現実にピリオドを打ってくれたのが、
青山プラチナ倶楽部での出会い。
優しくてカッコいい大人の紳士との交際によって、
私の生活は憧れ以上のものへとはばいたいた。
今は毎日がきらきらを輝き、楽しくて仕方ないの!

Story-13. (26才 役員秘書)

偉そうな役員のおじさまの対応でストレスフルだった。
それってパワハラ?セクハラ?なんて言動も日常茶飯事。
癒されたくて、青山プラチナ倶楽部に登録。
大人の男性と見事出会えた。
お金持ちで紳士的で優しい彼も、会社では、威張っているのかしら?

Story-14. (22才 OL)

新卒で今の大手金融会社に入社したんだけど、
想像していたよりもはるかに真面目なおっさんばっかりでつまらない。
バリバリ仕事が出来るカッコいい大人の男性なんていないじゃん。
ガッカリしていたところで、ひょんなことから凄い男性に出会えた。
36歳の会社経営者。
オーラもあるし、遊びも、ロケーションも色々知っている。
一緒にいて本当にトキメいちゃう。
私の人生の侵略者だわ。
紹介してくたのが、そう『青山プラチナ倶楽部』。

Story-15. (24才 モデル)

50代の不動産会社経営のAさん。
ちょっと前に青山プラチナ倶楽部で知り合った紳士。
彼のベンツでいつもドライブしてお食事に行くの。
最上級のひとときを経験して、
麻布十番の高層階に、お部屋まで借りてくれた。
夢みたいな話でしょう?
出逢いって本当に大事だわ。

Story-16. (21才 大学生)

学生にときからいろいろな世界を勉強したいなと思っていました。
学校の近くのカフェでアルバイトもしているけれど、
もっともっと手の届かないような世界も垣間見れないかなと。
仲良しの友達から紹介されて、青山プラチナ倶楽部に登録をした。
一人目の方で、いきなりビンゴでした。
お食事する場所や時間の過ごし方など。
やっぱりただの学生では想像もできないような空間がありました。
今は一分一秒も無駄にしたくないって、本気で思っています。。

Story-17. (27才 OL)

女手ひとつで私を育て上げてくれた母親の体調が悪くなった。
色々とお金が必要になった。
限られた時間で、高収入なお仕事を見つける必要が出てきたの。
それなりの期待感と共に、青山プラチナ倶楽部に登録をした。
結果、期待以上の高収入を実現できた。
母親の助けになれたことが嬉しかった。
ありがとう青山プラチナ倶楽部。

page top